FC2ブログ
個別記事の管理2010-08-07 (Sat)
color 008008

もんのすごく評判のよかった遺影です。

私が選びました。

なんだかとって嬉しそう♪

見てるとこっちまで

うふふ

とつられて笑ってしまいます。


愛用の眼鏡は
「外してください。絵や写真ならいいです。」
と言われました。

color 018018


ねーさん画伯が描いた眼鏡のイラストを
目元にそっと置きました。

肌身離さなかった時計は右手のところに。

パナソニックではなくナショナルのテレビは胸元に。

大好物の桜餅は口元に。

キレイなお花に埋め尽くされてはいるけど
なんとなく味気ない白い着物が
ぱっとにぎやかになりました。




今頃

動かなかった足も手も

思う存分動かしてるやろーな。

今日は私んとこ。

明日は弟んとこ。

自由にいろんなとこ

飛び回ってるやろーな。


想像するだけで

口元がほころんできます。





titito.jpg




ありがとう♪





nori2.png


* Category : 家族のこと
* Comment : (14) * Trackback : (-) |

管理人のみ閲覧できます * by -

すっごい偶然!! * by noriko
>かずさん

なんとお礼を言っていいやら・・お世話になりました。
父も母もとても優しくしていただいてるといつも喜んでいました。

殺伐とした入院生活を明るくしてくださってありがとうございます。
看護生活の長い母の方が心配でしたが、かずさんと作品のやり取りを
したことをとても嬉しそうに話してくれました。

病院のみなさまにはとても親切丁寧に対応していただきました。
余りにも早い容態の変化で臨終には立ち会えませんでしたが
それでも今までのことを思うと後悔はありません。

それにしてもかずさんのお母様と同じ命日とは!!驚きですね♪
遺影の写真いいでしょ♪普段の父です。

かずさんの暖かく優しいお心に私も母も父も癒されました。
ほんとうに感謝しています。ありがとうございました。

* by ちむたむ
読んでるだけで、泣けてきました。
そう!歩いているよ
どこでもね。

不自由なときはながかったかもしれませんが・・・・
愛するお母さんといつも一緒で
とっても幸せな人生やったと思いたいです。

おつかれさまでした。

* by 道具屋
素敵なお葬式になったようですね。
心からご冥福をお祈りいたします。合掌・・・

* by tao
そうだったの。
どうしたのかなと思っていたのだけど。

お父様のご冥福をお祈りいたします。
とてもお幸せな生涯だったのだと感じる、いいお写真ですね。

のりこさん、お母さんお疲れ様でした。

* by まえちん@うるち米
ご冥福をお祈りいたします。

長い間、お疲れ様でした。
いっぱい思い出をもらいましたか?

ご家族の愛情を胸に、きっとあちらの世界で笑っておられると信じています。

* by みなみ
とてもあたたかく、ふっと微笑んでしまうお写真ですね。
ずっとずっとかわらぬ微笑みで見守ってくれるでしょう。
握りしめた手と手の写真のように・・・。

ご冥福をお祈りします。

ご冥福をお祈り致します * by しょうちん
長い間お疲れ様でした…。

いろんなところからお話はお伺いしておりました。
お父様が長い間患われていたことも…。
今頃はきっと微笑んで見守ってくださっているはず!

これでまたひとつ「わしののりこパワー」が上がりましたよ。

何もできないで、申し訳ありません…。
心よりご冥福をおいのりいたします。

* by noriko
>ちむちゃん
ありがとう!
「なんで教えてくれんかったん?」って
言ってくれたけど
バタバタしててそれどころじゃなかったんやって。
当日にお通夜することになったから。
ちむちゃんにもいろいろお気遣いいただいて
感謝です。
私はへこたれてないので心配せんといてね♪


* by noriko
>道具屋さん

ありがとうございます。
お葬式にステキという言葉を使っていいのかどうか
わかりませんが
「ステキな暖かいお葬式だった」と
みなさんに言ってもらえました。
親戚同士の揉め事もなく・・・
みんなで泣いて笑って
みんなが父の思い出話をして。
今は爽快感さえ感じています。
ひとつのことをやりきったような。

* by noriko
>taoさん

心配してくださったんですね~~。
どうもありがとう。
こういうわけでバタバタしてました。
病院から連絡があって駆けつけたときには
もうすでに亡くなってました。
母はその場にいられなかったことを
悲しがったけど
それはどうしようもないこと。
それまでずっと一緒にいたんだから
それでいいんやよ・・と納得させるのに
必死でした。
でもね。
あーひとりで逝かせてしまったな。。という
すまない気持ちは私もあります。
なかなか臨終に立ち会うことは
難しいと思いました。
いつもいつもtaoさんには暖かく
励ましてもらいました。
ありがとうね~~♪

* by noriko
>まえちんさん

ありがとうございます!
実は・・・
父の死に際して・・
泣けなかったんですよ、私。
「そーか、死んじゃったんや・・」
って妙に冷静でした。
これ以上父の苦しむ姿を見たくない
と思ったので、安心したという気持ちのほうが
大きかったのかもしれません。
母はまた違った気持ちやったんでしょうけど。

唯一泣いたのは
焼却場でした。

今まで大切に守ってきた人を
なぜ焼くのか。。
納得いかずに
何も焼かんでもいいやろ。。と
大泣きしました。

肉親との別れは悲しいものです。
でも思い出もいっぱい。
大切にしていきたいと思います。



* by noriko
>みなみさん

ありがとうございます!
なんかね。。
油断してました。
まだ大丈夫だと。
病状は悪かったんだけど
またいつものように
抗生剤打てば熱も下がって
元気になると思ってたんです。
あっけないもんでした。

触れるうちにいっぱい触っておいて
よかったな~と今は思います。





* by noriko
>しょうちんさん

暖かいコメントありがとうございます!
体は不自由でしたが
幸せな一生だったと思います。
顔に出てますもんね♪
私も子ども達に飛び切りの笑顔を
残してやれるような
生き方をしたいと思います。

今回は支えてくださる人の温かさを
たくさん感じました。
感謝感謝です!

コメント







管理者にだけ表示を許可する