FC2ブログ
個別記事の管理2014-09-30 (Tue)
ある時。
ネットで「ビスマス結晶」なるものの存在を知りました。

結晶美術館←こんなの

これ、欲しい!
手のひらに乗せて
心ゆくまで
その美しさに見とれていたい。


ずっとそう思ってきましたが
どこにあるのか?どこに売ってるのかわからず。

ところが。
あるところにはあるんですね。

まさか。
この大野(BARUさん)で見つかるとは!!

灯台下暗し。

「ビスマス結晶」とは?
和名を「蒼鉛」といい鉱物である。
高比重・低融点で比較的柔らかく無害である事から
鉛の代替として注目され、散弾や釣り用の
錘、鉛・カドミウムの代替として黄銅への添加剤、
ガラスの材料などとして用いられている。
(wikipediaより)


表面を覆う酸化膜に光が干渉すると
虹の色が見えます。


ちっちゃいです。


眼に映ってる虹の色が画像では
うまく出ないのが残念。。


この虹色の輝きわかります??

fc2blog_201409302250322cc.jpg
きゃあああ♪美しいっ。

「で?それどうするんや?」
って父ちゃんに言われました。

もうっ!
このロマンがわからんかなぁ。

fc2blog_20140930225602df8.jpg
こうやって、うっとりするんですよ。

もともとは鉱物として大地に埋もれていたものが
ガラスをつくる過程で偶然に発見されたのが
この「ビスマス結晶」なんだとか。

なんか最近。
大地とか自然とか地球とか宇宙とか。

人間の想像をはるかに超える
とてつもない大きなモノの存在の意味って
なんやろうって感じます。

地震や豪雨や噴火などに
人間の命が翻弄されてるからです。

もしそういうものに「意思」があるとしたら
「ちっちぇえ人間のくせに」
とでも思ってるんでしょうか?

マクロのこと(意思)は壮大過ぎて理解できないので
せめて
ミクロのもの(石)を愛おしいと思ったり
キレイやなぁって思いたいのかも知れません。

fc2blog_2014093023155897f.jpg

琥珀の天使も見つけました。ペンダントトップです。
(コハク=木の樹脂(ヤニ)が地中に埋没し、長い年月により固化した宝石)

宝物が見つかりました。
わしののりこ



* Category : こだわりの品
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する