FC2ブログ
個別記事の管理2014-09-23 (Tue)
先日、祖母の法事へ行ったとき
いつもの仏事用の黒いバックに入ってるはずの
お数珠がない。

思いつくところ全部探したけどない。

わたしのお数珠は
どこに消えてしまったのでしょうか・・。

結局お数珠を持たずに法事に参加してしまった
悪い孫です。

【お数珠とは?】
数珠は、お葬式や法事、お墓参りの時に手にする最も身近な仏具です。
常にこれを持って仏さまに手を合わせれば、煩悩が消滅し、功徳を得られるといわれています。
数珠は合掌する手に掛け、仏さまと心を通い合わせる

大切な法具で

忘れてはならない必需品です。


す、す、すいません。

忘れたわけではなく無くしたのです。

どうかお許しを。。。。

昨日
急いでかじそ仏壇さんに行って

fc2blog_201409232202286d6.jpg
買ってきました。

もう、そこそこいい年なので
優しい紫色のお数珠を買おうと思ってましたが
大好きなローズクォーツにひとめぼれ♪

お数珠といえば・・・

以前、弟のお嫁さんが
珊瑚のお数珠をしていたら
あるお方に
「お葬式にそんな赤いお数珠をするもんじゃない」
と怒られたそうです。


※参考画像

その珊瑚のお数珠は
結婚したとき、お寺からお祝いでいただいたもので
男性用と女性用とセットになってたんだとか。

お寺からもらったんだからと
安心してつけていたのに怒られた。。。と
お嫁さんが言ってたっけ。

そういえば
わたしも

※参考画像

こんなお数珠をお葬式に持ってたら
あるお方に
「お葬式にそんな二重になったお数珠使ったらあかん。
またすぐに葬式せなあかんようになる。」
と怒られました。

でもこのお数珠は
喪服の着物一式を買ったときに
一緒に付いてたものだったので
なんの疑いも持たずにつけてたんです。

「お葬式に使ったらあかんお数珠のはずないやんなぁ。」
と腑に落ちんかったことがありました。

で、ちょっと調べたんですけど。

石の種類に関しては
一昔前は黒檀・紫檀や水晶・翡翠・瑪瑙・珊瑚が主流でしたが
最近はさまざまな素材のお数珠が造られているので
好きな素材のお数珠を選んでいいんですって。

瑪瑙や珊瑚は赤いから
赤いお数珠がダメってことはないんですね。

かじそ仏壇のお店の方にも
ローズクォーツも大丈夫ですよ!って言われました。

それから一重のお数珠は略式で
ほんとうは二重の方がより丁寧なんだそうです。

今思えば、その方に
「怒られた」んじゃなくて
「教えてもらった」んですね。
正しいか正しくないかは別にして。

そう思うことにしよっと♪

お数珠といえば・・・

わたしの父は46歳のときに
くも膜下出血で倒れて
救急車で県立病院に運ばれ
12時間の大手術をしました。

なんの偶然かはわかりませんが
その日、
呉服屋さんにお仕立てを注文していた
わたしの喪服の着物が届いたんです。

父ももう昏睡状態でしたし
届いたばかりの着物を広げていました。

一緒についていたお数珠の箱を開けたら・・・

お数珠がバラバラになっていて
一番大きな水晶の玉が粉々になってたんです。

ひょえー!!
なんてこと!

もうびっくりでした。

こうやって数珠の紐が切れることは
縁起が悪いわけではないそうです。
むしろ、悪縁が切れたことの表れといわれています。

大手術のあと、父も奇跡的に一命をとりとめました。

「お数珠が身代わりになってくれたんかなぁ」
って家族みんなで話してたことを思い出しました。

ピンクのローズクォーツのお数珠。
初めて自分で買った
自分のためのお数珠です。

大切にします。
究極のパワーストーンですもんね。

わしののりこ



* Category : こだわりの品
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する